記事詳細

“攻め”の渋野日向子と“守り”の鈴木愛 女子ゴルフ五輪代表争い、両者の対照的な作戦 畑岡奈紗は“当確” 6月末までデッドヒート必須 (1/3ページ)

 昨年賞金女王争いを繰り広げた渋野日向子(21)と鈴木愛(25)が21日、クラブ契約しているPINGゴルフの新製品発表会に出席した。ともに東京五輪出場を目指しており、代表選手が決定する6月末まで再びのデッドヒートは必至。両者が選んだ作戦は対照的だ。2月中旬の米ツアーを初戦にする“攻め”の渋野に対し、“守り”の鈴木は3月上旬の国内ツアー開幕戦から始動。笑うのはどちらか。(塚沢健太郎)

 五輪イヤーが幕を開け、女子ゴルフの代表争いはし烈を極めている。

 出場権は世界ランキングの各国上位2人に加えて、同ランク15位以内に入れば各国最大4人まで出場可能。20日発表の最新ランクでは畑岡奈紗(21)が日本勢トップの5位。渋野が11位、鈴木がちょうどボーダーライン上の15位。稲見萌寧(20)が54位。現状は畑岡、渋野、鈴木が圏内となっている。

 畑岡は米ツアー開幕戦のダイヤモンドリゾーツ・チャンピオンズで、プレーオフ7ホールの大激戦の末に敗れて2位。それでも鈴木が「奈紗ちゃんは行ける確率がすごく高い」と“当確”を出せば、渋野も「間違いない」とうなずいた。

 残る確定の1枠を、渋野と鈴木が争うマッチレース。その始動は“動と静”に分かれた。

関連ニュース