記事詳細

阪神・守屋功輝投手への対応は「吉本と一緒」 もう書類送検になっているのに…

 妻に暴行してけがを負わせたとして、20日付で兵庫県警から傷害の疑いで書類送検された阪神・守屋功輝投手(26)が23日、兵庫県西宮市の球団事務所で記者会見。逆に妻からのハラスメント被害を訴えた。

 日常的に夫婦喧嘩が起きていたとして、「何か妻が思い出すと引っ張ってきて手をあげられたり、遠征中はグラブやリュックを壊されたり精神的にきつかった」。球団からも「他の選手同様に(2月1日から)キャンプインしていい」と擁護されたという。

 事情聴取した谷本球団本部長は「今後も彼を信用していく」と明言。ただ、前日22日の「プライベートのことなので本人に任せるしかない。プレーに影響が出ないようにきっちりやってほしい」というコメントは、多方面で波紋を呼んでいる。

 在阪の芸能関係者は「もう書類送検になっているのに、『プライベートのこと』っておかしいでしょ。吉本興業と一緒。危機管理能力がない。『プレーに影響が出ないように』って、もう事件ですよ?」とツッコミ。一連の闇営業問題への対応と重ね合わせていた。

関連ニュース