記事詳細

男子マラソン・設楽悠太、5分台なら東京五輪辞退か

 男子マラソンの設楽悠太(28)が23日、宮崎市内で、東京五輪代表の残り1枠が懸かる3月1日の東京マラソンに向け「2時間4分台で走らないと、東京五輪で走る資格はないと思っている」とし、2時間5分50秒の日本記録を更新した場合も代表を辞退する可能性を口にした。2時間6分11秒が自己ベスト。昨年9月の代表選考会は14位に終わった。