記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】つま先上がりの打ち方、練習の仕方、狙い方編 普段よりボールに10センチほど近く立って打つ (1/2ページ)

 爪先が上がったライというのは、平坦(へいたん)と比較した場合、どの様な状況でしょうか。

 爪先が上がっているということは、その分、普段通り構えた場合、ボールに近く立っているという状況です。つまり、「インパクトで詰まる」「ダフる」または「ネックやヒールに当たる」ということが予測されるライなのです。

 対処法ですが、まずはボールから通常よりも離れてアドレスし、クラブを短く持ち、ハーフトップを狙います。ボールの位置は真ん中より、右へセットしましょう。

 スイングは手打ちというよりもアドレスのまま手を動かさずに体のみを回転する、でんでん太鼓のイメージで横振り、フラットにスイングすることを心掛けましょう。

 スイング中、かかとへ体重が流れてしまい、クラブの先に当たって右へ飛ぶならボールを良く見てください。手で当てようと天ぷらして左に飛ぶなら、ボールは良く見ないようにしましょう。番手が短くなる程、右を向きます。曲がり幅が大きくなるからです。

 次に、ラフとフェアウエーの違いです。

 フェアウエーからは、確実にロフト通りに左方向へ飛んでいきますが、ラフの場合は、フライヤーやドロップする現象があります。狭い場所を狙うのは非常に困難でリスクが高くなります。

 基本的にはラフで浮いていれば、左へいきやすく、沈んでいれば真っすぐに飛びやすいと覚えておきましょう。番手と逆目、順目などのライでも違いますので、実際に経験して経験則からの確率を記憶、記録しておきましょう。

関連ニュース