記事詳細

日本は金30個! メダル総数は65個でいずれも過去最高に 米データ会社の東京五輪メダル予測

 スポーツデータの分析、提供を行う米グレースノート社は24日、東京五輪のメダル予測を発表。日本の金メダル獲得数は世界3位の30個、メダル総数は同4位の65個でいずれも過去最多とした。これまで金は1964年東京と2004年アテネの16個、総数は16年リオの41個が最多。

 金メダル予測は、日本オリンピック委員会が設定した目標数と見事に合致した。最多はお家芸の柔道で、男子100キロ超級の原沢久喜や同66キロ級の丸山城志郎、女子78キロ超級の素根輝ら計13個。空手が形で男子の喜友名諒と女子の清水希容、組手で女子61キロ超級の植草歩の計3個で続いた。

 競泳は瀬戸大也が200メートルと400メートルの個人メドレーで2冠。バドミントンは男子シングルスの桃田賢斗、女子ダブルスの永原和可那、松本麻佑組と予想し、野球とソフトボールも挙げた。

 同社はリオ五輪以降の主要大会での競技結果を分析して算出。米国が金47個を含む117個のメダル獲得で1位、中国が金43個を含む87個で2位、ドーピング問題で選手団として参加できない見通しのロシアが金25個ながら、総数は66個で日本を上回ると予測した。

関連ニュース