記事詳細

巨人2軍監督・阿部慎之助が千葉県知事選に出る!? 地元・浦安市長がビッグプラン

 巨人・阿部慎之助2軍監督(40)が27日、浦安市役所で市民栄誉賞表彰式に出席。第1号受賞者となった同監督には、地元政界からも熱視線が注がれている。

 「本日はパッと見、1万人くらいのお客さまにお集まりいただき、誠にありがとうございます」

 市役所のロビーに集まった、地元住民やファンは多く見積もっても300人ほど。つかみのボケで爆笑を起こし、観衆のハートをがっちりつかんだ阿部監督。5月2日にはイースタン・リーグのロッテ戦で凱旋予定だ。

 内田悦嗣市長(54)から「1日だけ現役復帰して『代打・オレ』をやってくれ」と頼まれたというが、「若手育成の場ですので、本当はやりたいところを泣く泣く断念いたしました」。続けて「皆さまには代わりに僕の怒鳴り声で楽しんでいただければ。ディズニーもいいですが、(会場の)運動公園に足を運んで超満員にして下さい」とアピールした。

 きっちり笑いを取りつつ営業トークでも浦安っ子を沸きに沸かせ、地元人気の高さを改めて示した格好。内田市長との会談では「少年野球用のグラウンドなどの環境を整えてあげてほしい」と訴えたという。

 25日には現役時代の自主トレ先だった沖縄・伊江島で少年野球の振興策に関して持論を述べるなど、視野はプロ野球だけにとどまらない。報道陣からは「将来は市長にという期待も高まるが、市政への興味は」と問われると、苦笑いしつつ「『やる気満々だ』って書いといていいよ」。

 内田市長も「球界にあれだけの実績を残した方が、『太月』(浦安市内にあるそばの名店)のかつ丼が好きだと言ってくれる。この発信力は誰にも代えがたい。市長どころか、知事選の方がいいんじゃないか」と太鼓判。昨秋の風水害への対応では批判を集めた、森田健作知事に強力なライバルが登場した!? (片岡将)

関連ニュース