記事詳細

鳥谷敬に“球春”は訪れるのか…現役続行を目指すもいまだ吉報なし 本命ロッテのキャンプには西岡剛が“緊急参戦” (1/3ページ)

 プロ野球12球団は2月1日、一斉に春季キャンプインする。大型新人のロッテ・佐々木朗希(大船渡高)、ヤクルト・奥川恭伸(星稜高)らに注目が集まる中、球春到来に取り残された大物がいる。2169試合、2085安打など数々の球団記録を塗り替え、昨季限りで阪神を退団した鳥谷敬内野手(38)だ。球団側が用意した花道を固辞し、現役続行の道を選んだが新天地は決まらないまま。一方で、移籍先の有力候補とされたロッテのキャンプには、OBで2年前に阪神を退団した西岡剛内野手(35)の“参加”が決定した。鳥谷を差し置いて復帰はあるのか。

 「カツさんがおってくれたらなぁ…」

 そう述懐するのは阪神の古株OBだ。中村勝広GMはシーズン中の2015年9月、遠征先の都内で66歳で急逝した。鳥谷にとって早大の先輩でもあり、「カツさんがGMのままだったら、鳥谷にしっかりした形で肩たたきができたはず。監督までやった人と、現場経験のない今の背広組ではやっぱり違う」と話す。

 大功労者を阪神一筋で引退させられなかったのは、球団フロントの不手際とみる向きも多い。「それまで何も話し合いがないまま、シーズン終盤に突然呼び出して『ユニホームを脱いでくれ。引退試合はやってあげるから』だけではね…」というわけだ。現役続行を望んでいた巨人・阿部に昨季終盤、2軍監督就任を打診するなど引退後の明確なビジョンを示した上で、引導を渡した原監督とは明白な違いがある。

関連ニュース