記事詳細

【プロキャディーXのつぶやき】どれを試してみればよいのか… クラブの目まぐるしい「進化」 (1/2ページ)

 久しぶりにボールを打ちたくなって、練習場へ出掛けた。併設されたクラブ工房には新製品クラブや試打クラブ、中古販売品が並んでいた。

 「ご無沙汰でしたね」と店長に声を掛けられた。オフシーズンはコースキャディーのアルバイトで稼ぐしかなく、しかもまともにゴルフができるのもこの時期しかない。俺にとってバイト休日に練習場にいられるのは、至福のひと時なのだ。

 「タイガー・ウッズや松山英樹がテーラーメイド最新作のドライバーSIMを使い始めたり、フィル・ミケルソンがキャロウエイ新モデルのMAVRIKドライバーを試したりと、今年は例年以上に新ドライバーが話題を集めていますよ」。売り込み上手の店長は、クラブの最新情報を提供してくれる。

 俺の傍らに置いてあったキャディーバッグの中を店長が覗き込んだ。

 「えっ、マッスルバックの3番アイアンを使っているんですか?」と大きな声をあげ、「もう若くはないんだから」と続けたんだ。確かに若くはない。研修生時代のような高い球が打てなくなってきている。ラウンド中に手にするのは皆無に等しく、お飾りの一本でしかない。

 「ショートウッドでは、流石にボールが上がり過ぎてしまうでしょうから、ロングアイアンをせめてUT(ユーティリティー)に換えてみてはいかがですか」。店長からそう促されて試打クラブコーナーに足を運ぶ。アイアンヘッド型もあれば、丸みを帯びたウッド型もある。(う~ん、どれを試してみればよいのか)と俺は考え込む。