記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】絢爛豪華の監督たちで盛り上がるイースタン 佐々木&奥川のルーキーコンビ加入の可能性は (1/2ページ)

 今季は巨人・阿部新監督を筆頭にネームバリューのある監督ぞろいで盛り上がるイースタンリーグ。もう一つ、注目されるのは、キャンプでゴールデン・ルーキーコンビの一軍合否だ。2人が加われば、今季のイースタンリーグは空前絶後の大盛況必至だが、どうなるか。

 ヤクルト・奥川、ロッテ・佐々木の二大ゴールデンルーキーコンビ。キャンプ中は一挙手一投足が注目され、話題独占だ。が、どちらも高校出で無理をさせてケガをされるのが一番怖い。

 「大学、社会人出身は自分でブレーキをかけられるが、高校出身は無理。体のできていない高校出のルーキーがいきなり故障すると復活するには1年だけでなく、3、4年はかかる」

 球界OBたちはこう口をそろえる。その典型的なケースが花巻東からドラフト1位で西武に入団した菊池(現マリナーズ)だ。

 「菊池の身体能力は、オレが見てきた左腕では400勝投手のカネさん(金田正一氏)以来のすごさがある。1年目から二ケタ勝てる」。

 こう大絶賛、太鼓判を押したのは、V9巨人のエースで辛口評論家として鳴らす堀内氏だった。ところが、ルーキーイヤーのキャンプで菊池はいきなり左肩を痛め、鳴かず飛ばず。二けた勝利は入団7年目。

関連ニュース