記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】安田祐香 アッパースイングは「逆手打ち」で簡単矯正! (1/2ページ)

 自分では普通にスイングしているつもりでも、なぜかイメージ通りにボールが飛んでくれない。アマチュアゴルファーの皆さんもそういうことがよくあるのではないでしょうか?

 思ったところに飛ばないということは、スイングのどこかに問題があるということ。だから、できるだけ早く矯正をする必要があります。

 実際、私もボールを打っていて、「うまくいかないな」と思うときがあります。特に私の場合は、引っかけ気味になったり、弾道がイメージと合わないときが“危険”のサイン。スイング的には、ダウンスイング~インパクトで右肩が下がってアッパー軌道になったり(写真〔1〕)、右肩が突っ込んでしまうことがよくあります。

 そんなときは、ちょっとした修正方法でスイングを元に戻すようにしています。

 その修正方法とは、“逆手打ち”です。

 通常は、右手が下、左手が上になっているグリップを、右手が上、左手が下に持ち替えて(〔2〕)ボールを打つという練習方法です(〔3〕~〔5〕)。

 クラブは何を使ってもいいのですが、私がよく使うのは9番アイアン。写真のように逆手に持ったら、ハーフショットか、それよりもやや大きめのスイングでボールを打ちます。

 ◆体の回転で打てるように

 クラブを逆手に持って振ることで、肩が水平に回りやすくなると同時に、右肩が前に出ることがなくなり、体の回転でスイングできるようになるというわけです。

関連ニュース