記事詳細

紀平、大会初の連覇 樋口4位、坂本5位 フィギュア四大陸選手権

 フィギュアスケートの四大陸選手権第3日は8日、ソウルで行われ、女子はショートプログラム(SP)首位の紀平梨花(関大KFSC)がフリーでも1位の151・16点をマークし、合計232・34点で男女を通じ大会初の2連覇を果たした。日本勢はこの種目5年連続優勝。

 SP5位の樋口新葉(明大)は207・46点で4位、SP4位の坂本花織(シスメックス)は202・79点で5位。劉永(韓国)が223・23点で2位、ブレイディ・テネル(米国)が222・97点で3位に入った。(共同)