記事詳細

【最先端アマチュアスイング】「フェースを返さないで飛ばすスイング」 軌道はインサイドアウトだが右に打ち出すのはNG (1/2ページ)

 今回は、右に打ち出すためのレッスンです。前回、「インサイドアウトに振り抜けばエネルギー効率も高まり、右に出て左に戻る理想の弾道になる」というお話をしました。このことを伝えると、ゴルファーの中には意識的にクラブを右に出そうとする人がいます。しかし、それは絶対にしてはいけません。

 なぜなら、クラブを右に打ち出そうと思ったら、切り返しからそのことを意識しなければならず、そうするとダウンスイングでクラブが寝てしまい、結果的にフェースが開きやすくなるからです。そして、一旦フェースが開くと、今度はフェースを元に戻すという動作を入れなければいけなくなってしまい、その動きによっては手首を返し過ぎて左に飛んでしまうことがあります。

 では、右に打ち出すためには、何を意識すればいいか?

 答えは、バックスイングで体をしっかりと後ろに向けることです(写真〔1〕)。具体的には、膝や腰など右サイドのパーツがすべて後ろを向くようにします。

 なぜ、このことが重要なのかというと、体をしっかり後ろに向けることで体がアドレスの状態に戻る前にボールを打てるからです。

 多くのアマチュアゴルファーは、体がアドレスの状態に戻ってからクラブが遅れてやってくる(〔2〕)というイメージを持っているようですが、それだとインパクトゾーンでフェースをスクエアに戻すための微妙な調節が必要になって球筋が安定しなくなります。その点、体が正面に戻る前にインパクトを迎えることができれば、手元を調整しなくても自然な右への打ち出しになります。

関連ニュース