記事詳細

【まだ飛ばし足りねぇ!!】高橋健の第2条 「ぶっ叩く備え」を欠かすな!

 インパクトでボールをぶっ叩くには、そのための備えが必要です。アドレスとグリップ。大切です。

 アドレスは右足重心で、軸を少し右に(自分から見て)傾けます。そしてグリップですが、自分はハンドアップにしています。いずれもボールをアッパーブローにヒットするための備えです。

 もうひとつ忘れてはならないことがあります。クラブヘッドはボールに合わせるのではなく、10センチほど離してセットします。ここが、円軌道の最下点で、ティーアップしたボールは、そこから上昇した軌道にあります。つまり、最下点ではなく、そこからヘッドは上昇しながらボールをヒットします。アッパー軌道でボールをぶっ叩くという意識を、構えで示すことが大切なのです。

 自分が、現在愛用しているドライバーは2本(Jbeam・Z2ヘッドに同SAMURAIシャフトXXXを装着したものとクランクゴルフ・フォーミュラXヘッドにパダーソンのシャフトXXXを装着)でロフトは5度という仕様です。世界大会に出場してくるトップクラス中には、ロフト0度とか2度といった超ハードスペックのドライバーを使っている選手もいます。

 低ロフトで高打ち出し、高初速、ロースピンという飛びの弾道を打ち出すために、アドレスから備えているというわけです。

 ■LDJとは?ロングドライバーズ・オブ・ジャパンの略で、ワールドロングドライブアソシエーション(WLDA)公認の日本唯一の組織。日本大会各部門優勝者および優勝に準ずる上位者には世界大会への出場権が与えられる。本部・(株)LDJ=千代田区飯田橋2ノ12ノ1。Tel03・6261・0929

 ■高橋健(たかはし・けん) LDJ(ロングドライバーズ・オブ・ジャパン会長)。2008年からドラコン競技に参加し、2014、15年LDJメジャーリーグのポイントランキング1位。2015、16年LDJ日本大会シニアリーグ準優勝。2016、18、19年世界大会マスターズ部門出場。最長飛距離=400ヤード。ドラコンプロのガチ勝負がみられるユーチューブの「兄貴が撃つ」ではホストを務めている。50歳。172センチ、92キロ。

関連ニュース