記事詳細

【金谷多一郎 アマチュアの?を解決】スイングアークを大きくするには? ヘッドだけでなくグリップも走らせる

 「スイングアークを大きくすれば飛距離を伸ばせる」と固く信じ、そのためにフォロースルーではプロの連続写真のように(写真)両腕を思い切り伸ばして振り切らなければと思っている人は多いはず。

 果たして、これは正しいのか?

 結論は、スイングアークを大きくしようとする意識は飛距離にはつながりません。

 なぜなら、飛距離アップに必要とされる大きなスイングアークは、おそらく、ほとんどの皆さんが思っているものとは違うからです。ダウンスイングはリストコックをキープしてタメを作り、インパクトからフォローは、そのタメを一気にほどいてヘッドを走らせ、両腕を伸ばしてクラブを放り出すようにすると意識していませんか。

 必要なのは、そういうことではありません。ダウンスイングは下半身リードでタイミング良く捻じり戻しながら、タメは意識せずに体の回転に合わせて、腕とクラブをできるだけ素早く体に巻き付けるように振り切ることです。そして、背中が裏返るほどのフィニッシュを作ることです。そうすれば、おのずとヘッドの慣性力と遠心力が大きくなって結果的に大きなスイングアークになるというわけなのです。

 このスイングをするための意識として大切なのは、グリップをより大きく動かすことです。具体的には、インパクトからフォローにかけて、グリップもヘッドを走らせるのと同じように、「ヘッドとグリップが並進運動しているイメージ」でグリップスピードを加速させます。

 そうすれば、結果的にヘッド軌道の半径が長くなってヘッドが加速していく十分な距離が得られ、インパクトゾーンも広くなって飛距離と方向性の両立が得られるようになるのです。

関連ニュース