記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】安田祐香 練習どおりのスイングをするには…トップで間をとることでリズムを調整 (1/2ページ)

 プレーをしていて、「いつものショットができたらなあ」というのはよくあること。そんなにプレッシャーが掛かっているわけでもないのに、なぜかラウンドになると練習どおりのスイングができず、球が散らばってしまうという人も多いと思います。

 何がいけないのか? 人それぞれに修正すべき点はあると思いますが、私が最も気を付けているのは、いつものリズムで打つことです。

 リズムの大切さは多くのゴルファーが口にすることですが、リズムが少し狂うだけでショットが大きく乱れるくらいスイングとは密接な関係にあります。しかもこのリズム、自分ではなかなか乱れていることに気がつかないため、一度乱れ始めると全てがガタガタになってしまう恐れがあります。だから私は少しでもショットが乱れたときは、まず「リズムが狂っていないかどうか」をチェックするようにしています。

 そして、もし乱れていると感じたら、「トップでワンテンポ“間”をとってから(写真〔1〕)クラブを振る」という素振りをするようにしています。

 リズムが乱れているときというのは、たいていの場合、動きが早くなっていることが多いので、トップで間を置くことによっていつものリズムを取り戻すのです。

 あまりにもリズムが乱れていて、引っ掛け気味の球が出てしまう場合は、実際のショットでも、間を置いて打つ(ほんの気持ち程度ですが)こともあります。打ち急ぎがなくなり、出球も球筋も落ち着いてきます。もちろん練習でも、リズムを安定させるというのは最重要課題として取り組んでいて、トップからの切り返しで間を置いてボールを打つ練習はいつもやっています(〔2〕~〔5〕)。

関連ニュース