記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】ダウンヒルの打ち方、練習の仕方、狙い方 飛ばすことよりボールに当てることを優先 (1/2ページ)

 ダウンヒル(左足下がり)も特徴を理解しておきましょう。

 【ミスの傾向】

 ダフリ、トップ。きれいに当てることが難しい傾斜です。

 (1)柔らかく飛ばす手法

 【アドレス】

 グリップは、2~3ミリウイークグリップに持ち、ボール位置は通常よりボール1個分左足寄りにセットします。スタンスは広くクローズで、重心位置を重力に対して垂直と、傾斜に対して垂直の中間程度にします。膝から上はスクエアに構えます。

 【軌道】

 アウトサイドインで、ダウンブロー軌道。フェースは返さないように振りましょう。平坦なライよりも確実にボールは転がりますし、下半身も固定してますから、キャリーも半番手は飛ばない計算をしておきましょう。

 【ラフ】

 ボールが浮いている場合のみに使う打ち方です。番手や芝の種類、向き、ヘッドスピードと番手の兼ね合いでフライヤーやドロップする場合もあります。基本的に転がすことを考えましょう。

 (2)低く強く飛ばす手法

 【アドレス】

 グリップは少し短く持ちますが、アングルは通常と同じです。ボール位置は右足寄りに傾斜の度合いによって調整しましょう。スタンスを広くし、スクエアスタンスで左足加重にします。傾斜に合わせて、骨盤を地面と平行に、背骨も地面に垂直にします。

 【軌道】

 目標方向へ真っすぐ振りますが、ボールから目を離さずに地面のボールを突き刺すように、傾斜より鋭角にインパクトでクラブヘッドを打ち込みます。パンチショットのように、インパクトで止める気持ちで打ちましょう。

関連ニュース