記事詳細

西武・辻発彦監督、夕刊フジ単独インタビュー! 「松坂は若い投手とは違う、元気なら投げさせる」 12年ぶり日本一へ「ソフトバンクとも十分戦える」 (1/3ページ)

 パ・リーグ3連覇を目指す西武・辻発彦監督(61)が、夕刊フジの単独インタビューに応じた。全2回の前編は、12年ぶりの日本一を勝ち取るための展望について。大きなポイントになりそうなのが、中日を自由契約になり14年ぶりに復帰した松坂大輔投手(39)の起用法だ。16日にはブルペンで打者を立たせて93球の投球練習を行うなど、今春キャンプは順調な仕上がりを見せている。指揮官は「若い投手とは違う。元気なら投げさせる」と、実績を踏まえた特別待遇を明言した。(聞き手・塚沢健太郎)

 --昨年は菊池雄星投手(マリナーズ)、浅村栄斗内野手(楽天)、炭谷銀仁朗捕手(巨人)と主力が3人流出も2連覇。今年は秋山翔吾外野手(レッズ)だけだ。1減なら何とかなりそうか

 「そう簡単に言うけど、リーグで一番ヒットを打つバッターがいなくなるんだよ(苦笑)。どうしようかと思うよ。層が厚くて、周りがしっかりしていればいいけど。(外野の)金子と木村が1年間、ずっとうまくやっていけるか不安もある」

 --浅村よりは代役を見つけやすいタイプでは

 「そういう意味では、うちは山川、中村は普通に本塁打を打てるし、外崎も森も一発があるから、新外国人は『長距離打者がほしい』という感じではなかった。どこでも守れて、足が速いヒットメーカーということで、スパンジェンバーグ(28)=前ブルワーズ=になった。普通にやってくれれば、うってつけだと思う」

関連ニュース