記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】一堂に会する6球団監督“舌戦”の中身は… セ・リーグペナント前哨戦

 3月2日、都内ホテルにセ・リーグ6球団監督が集結する。「セントラル・リーグ公式戦」のタイトルパートナーとして、株式会社JERAが特別協賛社となり、名称が「JERAセントラル・リーグ公式戦」と変わることの記者会見だ。が、一堂に会する6監督の“舌戦”も興味深い。

 「キャンプは監督にとって夢を見られる至福の時だ。誰もがバラ色の青写真を描き、“優勝”を口にしても許される。ところが、結果の出るオープン戦からはそうはいかない。一喜一憂の毎日が続く」

 昔からプロ野球界ではこう言い伝えられている。そう、夢から覚め、いよいよ本番を前にしたオープン戦たけなわの時期に入る。それだけに、ペナントレースの前哨戦として6球団監督の“舌戦”が注目されるのだ。

 リーグ連覇はもちろん、8年ぶりの日本一奪回を目指す巨人・原監督。その原巨人からV奪回、悲願の36年ぶり日本一を高らかに宣言している広島・佐々岡新監督。

 この2強を率いる両監督だけでなく、他の4監督もそれぞれお家の事情を抱えたノルマがある。昨季、最終的に2位になったとはいえ、今季は就任してもう5年目。22年ぶりの優勝を求められ、進退のかかっているDeNA・ラミレス監督。次期監督候補として三浦新2軍監督が控えているだけに背水の陣だ。

 土壇場で3位に滑り込んだ阪神・矢野監督も、2年目の今季、15年ぶりのV奪回を球団側から要求され、自らも公約している。

 同じく就任2年目の中日・与田監督にしても、チームの7年連続Bクラスを阻止できず、今季はカド番。Aクラス入りがノルマになる。昨季、最下位を独走、退任した小川前監督からバトンタッチされたヤクルト・高津新監督も同様の立場に置かれている。

 3位までに入り、クライマックスシリーズ出場が来季続投のお墨付きになるだろう。逆に就任1年目の今季、最下位を脱出できなければ、来季はいきなり監督生命のかかった勝負の年になる。

 それぞれお家の事情でサバイバルマッチを繰り広げる「JERAセントラル・リーグ公式戦2020」の前哨戦。6球団監督の“舌戦”合戦。見てのお楽しみだ。(江尻良文)

関連ニュース