記事詳細

朝乃山、大関昇進に追い風! 1人大関&日本人力士のハードル下がり 大相撲初場所

 大相撲初場所(3月8日初日=エディオンアリーナ大阪)の新番付が24日、発表された。東関脇の朝乃山(25)=高砂=は小結の昨年九州場所で11勝、関脇の初場所は10勝。今場所は大関昇進がかかる。

 昇進の目安とされるのは、三役で直近3場所の合計が33勝。到達には今場所で12勝が必要だ。朝乃山はこの日の会見で、「12勝ではなくて、その上を目指す」と優勝まで見据えた。

 近年の例をみると、豪栄道と稀勢の里は32勝で昇進している。日本人力士には、ハードルが下がっている感が否めない。さらに、豪栄道が初場所後に引退し、今場所から大関は貴景勝だけとなった。1人大関は1982年初場所の琴風以来38年ぶり。江戸時代は大関が最高位で、番付に欠かせないものとされるため、西の横綱鶴竜は同場所の北の湖以来となる「横綱大関」と記載されることになった。こうした状況は、朝乃山にとって追い風となりそうだ。

 6度目の挑戦で大関に昇進した師匠、高砂親方(元大関朝潮)は「私は自分を信じ切れなかった。プレッシャーを力に変えれば風が吹く。攻める四つ相撲を取ってほしい」とエール。朝乃山は「(1大関で)大関が1つ空いている。チャンスをものにしたい。大関はプロに入ってからの夢。期待に応えたい」と一発昇進に意欲を見せた。

関連ニュース