記事詳細

【清水秀彦 そういうことだろ~】“負けない”鹿島が公式戦3連敗… 何が起こったのか!?

 --J1開幕戦で常勝鹿島が惨敗。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフ、ルヴァン杯とあわせて公式戦3連敗スタートです

 清水「仕方ない部分もあるよな」

 --準備期間不足?

 「だろう? だって、新監督のチームづくりには通常、2カ月くらいはかかるからね」

 --Jクラブと練習試合も紅白戦もしていない

 「やれる段階にないと思っているのさ。今季から指揮を執るザーゴ監督はブラジルでは実績があるだろ? でも鹿島だと、ブラジル人選手みたいに3週間くらいでは準備できないもんだから、戸惑っていると思うよ」

 --これまで鹿島は大崩れはしてこなかった

 「ジーコ(テクニカルダイレクター)がいて、生え抜きのFW柳沢、MF小笠原、DF内田ら“黄金世代”と呼ばれる連中がチームを引っ張ってきた。でもな、それは鹿島が優秀な若手をしっかりチームで起用して、育ててきたからこそだよ」

 --今は「えっ、こんな若手が欧州リーグに行ってしまっていいの?」という選手も多い

 「その通り! 行くのは彼らの勝手だよ。でも実力も大してないのに、代理人のうま味満載の言葉に乗って海外に行く選手が、鹿島にも何人かいただろ? その度に鹿島は穴埋め的な補強で、なんとかクリアにしてきたというわけさ」

 --それをこのオフは大幅にリニューアル

 「選手も11人も入れ替えて監督もコーチもガラガラポン。それで2週間しか準備がなかったら…さすがに勝てないよ」

 --リーグ戦の次節(28日)はホームでイニエスタのいる神戸です

 「今度負けたら4連敗か。でも、負けても監督をクビにする流れには、なってほしくないんだよね。鹿島は筋の通ったチームづくりをしてきたからさ。クラブがどれだけ我慢できるか…」(元J1仙台監督・清水秀彦=聞き手・久保武司)

関連ニュース