記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】ご意見番・張本氏“直言”の波紋は? センバツ無観客は擁護、プロ野球開幕延期の勧め&大相撲は一刀両断

 8日のTBSテレビ系列放映の「サンデーモーニング」で張本勲氏が、三者三様への直言。選抜大会の無観客試合は理解。プロ野球の開幕には延期の勧め。そして、無観客の大相撲に関してはバッサリ。その余波はどうなる。

 「今、国難。国の一大事ですから。プロ野球もやめた方がいいんですよ。延期した方が。センバツは難しい。2~3年必死で練習してようやく手に入れたから、これは難しいけど、プロ野球と大相撲は。まして大相撲ね」

 こう語り、この日から始まった春場所を一刀両断したのだ。

 「お金のやりとり、絶対にテレビに出さない方がいい。宣伝(懸賞)持って歩くじゃない、関係者が。あんなもんやったら大変なことになりますよ。今の時期に。まだ自分の企業をPRしたいのかと」

 19日開幕予定の選抜甲子園大会は、無観客試合を前提に11日の臨時運営委員会で可否を決める。1日遅れの12日に最終決定する予定のプロ野球開幕。

 NPB、Jリーグ共同で立ち上げた「新型コロナウイルス伝染連絡協議会」の伝染病専門医師3人による、専門家チームが出す12日の答申書を検討した上での最終結論。オープニング戦とは違うから無観客試合はあり得ず、開幕延期をするかどうかだ。

 張本氏が三者に対して口にした三様の直言。どんな波紋を広げるのか。今後の展開に注目だ。(江尻良文)

関連ニュース