記事詳細

千代丸が高熱の「蜂窩織炎」とは? 力士に多い“職業病” 初場所では白鵬も休場

 ■大相撲春場所9日目(16日)=エディオンアリーナ大阪

 力士などに新型コロナウイルスの感染者が出た場合は即座に中止される無観客の春場所で、8日目(15日)に休場した西前頭15枚目の千代丸(28)=九重=は、発熱が続くため、感染を調べるPCR検査を受けることになった。同検査を受ける力士は初めて。胸部エックス線検査は異常がなかった。

 千代丸は15日に39・7度の高熱があり休場。鏡山危機管理部長(元関脇多賀竜)によると、16日朝も40度あり、大阪市内の病院で、足などから細菌が入る蜂窩織炎(ほうかしきえん)の疑いが強いと診断された。

 千代丸は大阪市東住吉区の部屋宿舎で隔離されており、同部屋の他の力士らに異常は見受けられないという。今場所は序二段と序ノ口の力士2人も発熱で休場した後、熱が下がって再出場している。

 40度の熱が出た原因である可能性が高い蜂窩織炎は、足などから細菌が入る病気。素足でいることの多い力士の職業病といえる。

 初場所では白鵬も蜂窩織炎で休場も、直後の花相撲で復帰。かつては出島が大関から陥落する原因になるなど、苦しめられた。また元横綱でプロレスラーの曙は、3年前に蜂窩織炎と感染症で入院し、いまだに復帰できていない。

関連ニュース