記事詳細

【山崎武司 メッタ斬り 生涯ジャイアン】開幕延期は巨人に“風” オープン戦までの調整不足は解消できる

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、20日に予定されていたプロ野球開幕が延期になった。選手は現実を受け止めるしかないんだけど、「やりづらい」と違和感を覚えている人はあまりいないんじゃないかな。

 僕も楽天時代の2011年に、東日本大震災で開幕延期を経験した。そのときと同じで日程は事前に決まるだろうし、急に開幕するわけじゃない。準備期間は1週間ぐらいあれば十分。パフォーマンスはあまり変わらないと思う。むしろ気になっているのは、いつ始まって、いつ終わるかということだろうね。

 13戦勝利なしでオープン戦を終えた、巨人にとってはいい風が吹いたといえる。たかがオープン戦とはいっても、負け続けて開幕に入るのは嫌なもの。しっかり勝って、いい状態で入る方がいい。開幕延期はすごくプラスになると思う。

 今季は東京五輪の期間中にペナントレースが中断される分、開幕予定が例年より1週間ほど早かった。各球団のキャンプを視察して感じたことなんだけど、早い開幕に合わせるため実戦ばかりになって、打者があまりバットを振り込めていないように見えたんだよね。

 オープン戦終了までに調整がうまくいかず、思いのほか状態が上がってこない選手もいるはず。準備期間が長引いて損をすると思わずに、もう少しバットを振り込むとか、足をしっかりつくるとか、この時期にやりたいことをやった選手が今季は成績を残すと思う。

 逆にオープン戦で調子がよかった選手は、一刻も早く開幕してほしいだろうね。打撃は水物とよく言われるように、ちょっとしたことですぐに悪くなるものだから。

 ちなみに僕は、楽天時代の2008年に3・4月の月間MVPをもらったこともあるけど、基本的に寒い春先はめっちゃ弱かったです。(山崎武司・元中日、オリックス、楽天選手)

関連ニュース