記事詳細

【金谷多一郎 アマチュアの?を解決】スネークラインで重要なのは… カップイン直前のラインを緻密に読め!

 パッティングには、2つ以上のラインが混ざり合って蛇行する“スネークライン”というものがあります。

 こういうラインはどうすればいいのか?

 よく言われるのは「カップインする直前のラインを緻密に読め」ということです。

 その理由は、打ち出した直後はボールスピードが速いので、傾斜や芝目の影響をあまり受けずに曲がりが少なくなりますが、カップインしていくときの最後の転がりは遅くなるので微妙に曲がる加減を読むことが大切になるからです。

 つまり、スネークラインは最後に曲がりが切り替わる分岐点からカップインまでのラインをいかに緻密に読み込むかが勝負ということになるのです。

 ですから、グリーン上が勝負のツアー選手によく見られる、ライン上の途中をまたいでカップまでのラインを読んでいる姿は、最後にカップインするところの曲がり具合とボールスピードを詳しく読み込むための動作ということなのです。

 一般ゴルファーでも、スネークラインの場合は特に、最後に曲がりが切り替わる分岐点をしっかりと見定めて、そこからどれくらいのボールスピードで、どれだけ曲がるのかを読むことができない限り、なかなかラインに乗せることは難しくなります。

 整理すれば、スネークラインを克服して確実に2パットでいくためには、まず緻密にラインを読んで、曲がりが切り替わる分岐点を見定めること。そして全体の距離感を把握しながら、それぞれの分岐点をどれくらいのボールスピードで通過させるかを決め、最後の分岐点からカップインまでの一筋のラインを明確にイメージしてからストロークをすることが大切です。

関連ニュース