記事詳細

週末のK-1は「無観客」で開催へ 東京都が自粛要請

 新型コロナウイルスの感染者急増を受け、東京都が後楽園ホール(文京区)で28日に予定されている「K-1」の格闘技イベント「Krush.112」の開催自粛を、主催者側に求めたところ、無観客大会として行われることになった。

 「感染拡大のなかで、いかがなものかという話があり、都として要請した。無観客試合で対応するとの前向きなご検討をいただいた」

 小池百合子都知事は25日夜、都庁での緊急会見で、こう語った。

 Krushとは、「KO至上主義のファイターたちが見せる究極の壊し合い」「男子9階級・女子2階級でチャンピオンを決める超破壊型打撃格闘技」(公式HP)。

 K-1をめぐっては、政府や埼玉県がさいたまスーパーアリーナ(さいたま市)で22日に開かれたイベントの開催自粛を求めたが、主催者側は約6500人のファンを動員して決行した。

 都は今回、自粛を求めて水面下で協議を続けた。「観客数の一部制限」の案も上がったが、主催者側が最終的に「無観客試合」を決めた。

 28日の試合は、インターネットテレビ局「AbemaTV」で生中継するという。