記事詳細

“優等生”藤浪晋太郎も堕落…コロナパーティーでわかったユルユル環境 「阪神さんはお断り」高校球界からは総スカン (1/2ページ)

 球界全体で新型コロナウイルスへの警戒が叫ばれる中、阪神・藤浪晋太郎投手(25)が大阪市内でパーティーに参加。同僚2人や20代女性らとの集団感染が疑われる事態は、今秋ドラフトにも深刻なダメージだ。春夏の甲子園で優勝投手となった大阪桐蔭高時代、藤浪の才能だけでなく性格面も高く評価していた他球団スカウトは、「プロで変わってしまった」とショックを隠せず。豊かな才能をスポイルしてしまった“虎の穴”の育成環境に、ダイヤの原石を送り出す高校球界から総スカンの様相だ。

 ■タニマチが主催

 高校野球の聖地、甲子園で春夏連覇。プロでもホームとする藤浪が“疑惑の宴”に興じたのは、コロナ禍でセンバツ大会中止が決定し、出場の夢を奪われた球児たちが涙した、わずか3日後の3月14日のことだった。

 4月2日発売の『週刊文春』では、タニマチが所有する大阪・梅田のタワーマンションの一室にすし職人を呼んで行われたパーティーに、多数の女性が入れ代わり立ち代わり訪れたと報じられている。贅の限りを尽くした酒池肉林にふけりながら、悲嘆に暮れる球児の姿は一瞬でも脳裏をよぎらなかったのか。

 「剛速球よりも、必死に努力する姿が印象的だった。ドラフト前に許可を得て面談も行ったが、性格面でも同じ年の大谷と並んで最高評価。ウチは指名できなかったけど、他球団でも同じだろう」。藤浪の高校時代を振り返りながら、大きくため息をつくのはあるベテランスカウトだ。

関連ニュース