記事詳細

6月のワールドカップ2次予選は延期 7月のU-23は中止

 日本サッカー協会は1日、ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選で、日本が予定していた6月4日のタジキスタン戦(ノエビアスタジアム神戸)、同9日のキルギス戦(大阪・パナソニックスタジアム吹田)の延期が決まったと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けたもの。代替日は未定。

 東京五輪の延期に伴い、男子の五輪世代となるU-23(23歳以下)日本代表が予定していた7月17日の国際親善試合(ノエビア神戸)は中止する。

 日本代表と東京五輪代表を兼任する森保監督は日本協会を通じ、「世界に拡大している新型コロナウイルスの感染状況を考えると、この決断は当然。どの時期に再開しても力を発揮できるよう、今できることに全力で取り組み、準備をしていきたい」とコメントした。