記事詳細

阪神、4人目のPCR検査は19歳・小幡竜平 「選手寮で感染拡大」の悪夢が現実にも

 藤浪晋太郎投手(25)、伊藤隼太外野手(30)、長坂拳弥捕手(25)の3選手が新型コロナウイルスに感染した阪神は2日、新たに2年目の小幡竜平内野手(19)がPCR検査を受けたと発表した。後日、公表される検査結果次第では、選手寮で感染拡大の悪夢が現実となる。

 兵庫県西宮市の独身寮「虎風荘」で生活する長坂が27日にコロナ陽性と判定。小幡は24、25日に寮内の食堂で一緒に食事をしていたため、濃厚接触者に指定された。経過観察中の4月1日夜に37・2度、この日朝も37・7度の発熱と倦怠感を訴えたため、球団が保健所に連絡。検査を受けるよう指示された。せきや味覚、嗅覚の異常はない。

 大阪市内で3月14日に開かれ、入院中の感染3選手も顔を出していた“クラスター疑惑パーティー”について、球団は他に参加した複数の選手を公表していない。夕刊フジの取材では小幡はこの場におらず、ウイルスが寮に持ち込まれての感染だとすれば、寮暮らしの若手選手はさらなる集団感染の恐怖にさらされる。

 藤浪の検査が決まった3月26日からチームは全選手、スタッフが自宅待機中。当初4月2日を予定していた練習再開は9日に延期されたが、小幡が陽性となれば再延期は必至だ。球団関係者は「報道されている以上の情報が、われわれに降りてこない。一体、うちはどうなっているんですか…」と口々に訴え、不信感と不安を募らせる。

 谷本球団副社長はこの日、都内でセ・リーグ6球団幹部による会合に参加。延期されている開幕戦の日程について協議した。目標としてきた4月24日開幕をさらに先送りする見解で一致したが、この情勢に“阪神クラスター”が与えた影響は言うまでもない。

関連ニュース