記事詳細

【清水秀彦 そういうことだろ~】久保建英を招集できない!? 五輪代表はマイナスからのスタート (1/2ページ)

 --男子サッカーの五輪出場資格はU-23(23歳以下)ですが、コロナ禍で1年延期された東京五輪は特例でU-24になりました

 清水「いいことばかりじゃないぞ。オーバーエージ(OA)枠(3人まで登録可能な年齢制限を受けない選手)は、まず呼ぶのをあきらめた方がいい」

 --コロナ禍で中断中の欧州各国リーグは、再開されたら過密日程になるでしょうからね

 「そうさ。いつ再開されるかわからない、ということはいつ終わるかもわからない。もし来年も7月までシーズンが続いたとしたら、クラブ側が『五輪のOA枠には選手を出せない』と言ってきても、日本協会は何の文句も言えないからね」

 --では久保(スペイン1部マジョルカ)、堂安(オランダ1部PSV)ら24歳以下の主力に頑張ってもらわないと

 「どうかな。彼らの年齢もひとつ上がるんだぜ。ということは、各クラブで主力選手として、より貴重な戦力になる可能性がある。つまり…」

 --五輪代表として招集しづらくなる

 「その通りさ。欧州クラブのオーナーだったら、ごく自然に思うことさ。高い給料を払っているのはクラブ。代表はあくまで名誉だからね」

 --久保が五輪代表から抜けたら一大事です

 「だろう~!! とにかく、最悪な状況を想定して動かなきゃ、だぜ。彼にも過密日程の負担は大きくのしかかる。ケガの可能性も上がる。そうなる前に、日本協会は準備しなきゃいけないことがたくさんあると思う」

関連ニュース