記事詳細

2週間延期の7月場所、会場はやっぱり予定ギッシリ…信じがたい“根回しゼロ” 名古屋以外で開催も!? (1/2ページ)

 ■体育館「聞いていない」

 日本相撲協会は大相撲夏場所(両国国技館)を2週間延期。5月24日初日-6月7日千秋楽の開催へ動いているが、同じく2週間延期を発表した7月の名古屋場所(ドルフィンズアリーナ)開催に大問題が起きている。

 初日を7月5日から7月19日に変更し、8月2日に千秋楽とする新日程を3日に発表。芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「(体育館が)他の行事で埋まっている可能性もある。これから担当が調整に入る」と見切り発車をにおわせていたが、信じがたいことに、いまだ根回しはゼロだった。

 大相撲は升席の撤去があるため、場所後5日間は会場を押さえなければいけない。ところが千秋楽8月2日の同体育館にはすでに、「武神 KARATE ALL JAPAN CUP 2020」(主催・新日本総合空手道連合会 武神)の予定が入っている。

 イベント主催者は「まったく(連絡は)ありません。ビックリして体育館に確認したら、『聞いていない。(主催の)相撲協会と中日新聞社が勝手にしたこと』と言っていました。うちだけではなく、他にも予約を入れているところがあると聞いています」とフライング発表に戸惑うばかり。

 武神はフルコンタクト空手の中部地区最大の大会で、全日本クラスの小学生から高校生まで約2000人が参加。「1年前から押さえているし、筋が違う感じがする。うちは強い姿勢で臨んでいる。今さら他の会場というわけにはいかないし、体育館からは『どくことはないから、安心してください』と言われています」と優先権を訴える。

関連ニュース