記事詳細

幕下以下力士がPCR検査…陽性ならクラスターは避けられない

 日本相撲協会は9日、幕下以下の力士1人が新型コロナウイルス感染の疑いで入院し、PCR検査を受けたと発表。力士や所属部屋の名前の公表は明かされなかった。

 芝田山広報部長(元横綱大乃国)によると、当該力士は4日から高熱が2日続き、一旦下がるも再び発熱。体のだるさ、息苦しさ、せき、血たんが見られたため、都内の病院で診察とウイルス感染確認の簡易検査を受けた。8日に陽性と診断されたものの、9日になって病院から陰性だったと連絡が入り、改めてPCR検査を受け、10日にも結果が出るという。

 「比較的、元気そうだけど、持病はあったみたい」と芝田山部長。生命に関わるような症状ではないとした。所属部屋は朝稽古を中止し、部屋の力士や協会員はそれぞれ部屋や自宅で待機。幕下以下の力士は大部屋で生活しているため、「陽性と出れば、他の力士も検査しなければいけない」というように、クラスター化は避けられない。

 これまで力士、親方ら協会員は感染を回避してきたが、夏場所(両国国技館)は5月10日初日を同24日へ2週間延期。4月27日に番付発表を行い、5月に入るまでは開催可否の判断を先送りするとしている。多くのスポーツ興行が中止や延期となる中で、たとえ検査結果が陰性だったとしても、夏場所の開催は極めて厳しい状況だ。

(塚沢健太郎)

 

関連ニュース