記事詳細

【清水秀彦 そういうことだろ~】J1札幌の「給料一部返上」にもの申す! 給与体系は極めて複雑「選手ひとりひとり全く違う」 (1/2ページ)

 --Jリーグの再開にめどが立たない中、J1札幌の全28選手が4月から半年間、給料の一部(総額約1億円)返納を申し入れました

 清水「話題にはなったけど、正式には決めきれないと思うよ。Jリーグの選手の給料を削るのは至難の業だから」

 --給与体系は極めて複雑

 「そう。選手ひとりひとりで全く違うからね。常に試合に出られる主力は勝利給(ボーナス)を重視、その他の選手は出場給(基本給)に重きを置く。J1中堅クラブの勝利給では、主力と控えで1勝につき50万円くらいの差が出るんだから」

 --イタリアにはリーグ一律で給料カットという動きもあるが

 「それは絶対無理。欧州はリーグやクラブが主体になって給与カットをしているけど、Jリーグは欧州より規模が小さいし、56もクラブがある。J3の選手なんか、逆に支援してもらわなきゃ、やっていけない。そんな選手が続出すれば、クラブはもとよりJリーグそのものが存亡の流れになるよ。選手にも家族がいるし、クラブにはスタッフもいる。クラブと商売をしている地元企業もたくさんあるんだから」

関連ニュース