記事詳細

【山崎武司 メッタ斬り 生涯ジャイアン】開幕延期は投手よりも打者がキツイ? 自主練習、自宅待機…各球団バラつきあるコロナ対策 (1/2ページ)

 プロ野球の開幕が延期になり、テレビやラジオ中継の解説、呼ばれていた講演会もすべてキャンセル。テレビ、ラジオの番組収録は続いているけれど、出歩くこともできずアウトドア派の僕はさすがに気が滅入ってきている。しかし、カリカリしてもしようがない。ここはド~ンと構えるしかありません。

 現役の選手はもっと大変だろうね。中日はナゴヤ球場で自主練習を再開。練習場所と時間帯をわけて人数を絞っているそうだけど、楽天のように自宅待機を続けて活動を休止したままのチームもあるし、12球団でバラつきがみられる。

 2月からキャンプ、オープン戦で仕上げてきて、いま休むのは相当なリスクがある。開幕が決まれば、休んでいないチームの方が有利に決まっている。

 一番怖いのが、ケガをしてしまうこと。100%に近い力を入れて練習をしていても、試合では120%の力が出てしまうもの。急にやると、ケガ人が続出する可能性がある。

 練習をやりたいのはみんな一緒。今のままでは不公平な気がする。NPBが「5月いっぱいは練習をやらない。6月から再開」などと通達して、12球団で足並みをそろえたほうがいい。

関連ニュース