記事詳細

豊ノ島の相撲道支えた「家族愛」 引退会見なく、さみしい幕切れ

 日本相撲協会は17日、元関脇豊ノ島(36)の現役引退と年寄「井筒」襲名を発表した。今後は時津風部屋付きの親方として後進の指導に当たる。

 三賞は10度受賞し、三役在位は通算13場所。人気力士として、長年土俵を沸かせ、明るいキャラクターと話術で、バラエティー番組でも存在感をみせた。

 豊ノ島は「長かったような短かったような、あっという間だった。けがをして、家族がいなかったら(もっと早く)辞めていた」。夫人の沙帆さん、7歳の希歩ちゃんはたびたびテレビに登場。その家族愛は感動を呼び、広い層から人気を博していた。

 2002年初場所初土俵。08年秋場所で新関脇に昇進し、10年九州場所では、平幕で14勝を挙げるも、横綱白鵬との決定戦に敗れ、優勝を逃した。

 しかし、16年名古屋場所前に左アキレス腱断裂の重傷を負い、幕下まで転落。幕下12場所、十両2場所を経て、19年春場所に再入幕。今回の春場所から幕下に逆戻りしていた。

 「18年の相撲人生で(浮き沈みの)両極端を経験できてよかった。もうちょっと幕内でできると思ったけれど、そう簡単にはいかない。前とは感覚が違った」と家族の応援で復活を果たすも、ケガ以降は地力を発揮することはできなかった。

 春場所は東幕下2枚目で2勝5敗と負け越し。最後は無観客場所で、家族に生で土俵に立つ姿をみせることができず。引退会見もなく、さみしい幕切れとなったが、親方として多方面での活躍が期待される。

関連ニュース