記事詳細

高校野球、春季地方大会すべて中止 夏の甲子園開催も懸念

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、青森県高野連は20日、春季青森大会の中止を発表した。これで全国9地区の春季大会と、47都道府県全ての春季地方大会の取りやめが決まった。

 沖縄は全国で唯一、春季大会の開催に踏み切ったものの、準々決勝後に打ち切りとなった。無観客で実施し、感染予防策を講じながら、必要最少人員での運営に努めたが、感染の広がりなど総合的な判断から、大会の続行を断念した。

 政府は感染者増加に歯止めをかけるため、緊急事態宣言の対象を全国に拡大。多くの学校が休校している。部活動の一環である高校野球だけが、独自で活動するのは難しいのが現実だ。

 今春からは投手の障害予防を目的に「1週間で500球以内」とする公式戦の投球数制限が導入された。これまではエースに頼りがちになっていたある強豪校の監督は、春季大会の中止を受け「何人も投手を用意してきたが、試す場がないのはしんどい。紅白戦を重ねても、公式戦とは違う」と悩ましげだ。

 史上初の中止となった春のセンバツに続き、夏の「前哨戦」ともいえる舞台もなくなった。夏の甲子園の開催自体も危ぶまれ、現場からは不安の声が上がる。日本高野連は「3年生にとっては高校生活最後の公式大会。各都道府県連盟と連携を取りながら、準備している」とし、感染予防策などの検討を進めている。

 

関連ニュース