記事詳細

【清水秀彦 そういうことだろ~】Jリーグが再開しても「週2試合」は大変だぞ 選手の故障は必須…監督の手腕が問われる (1/2ページ)

 --再開はいつになるかわかりませんが、今季のJリーグが過密日程になるのが確実です

 清水「オレが監督のときは、週2試合やるのは本当に大変だった。想定外のことしか起きなかったからね」

 --Jリーグの草創期は週2試合、それも延長Vゴール方式でした

 「まずは選手。必ず壊れるから。あとはアウェーへの移動だね。きっと再開したら、ナイターも増えるよな。そうすると試合をして、泊まって、翌日また試合なんて日程も出てくるだろうし」

 --次から次へと試合がやってくる

 「だろう~!!(苦笑) 選手も全試合でフルスロットルだったから」

 --そうなると、監督がチームを使い分けて起用する、ターンオーバー制がポイントになる

 「その通り。でも、これがなかなかズバッと替えられない。難題さ」

 --どうしてですか

 「主力選手は全試合、フル出場をしたがるもの。これは世界共通だろ? なぜなら、給料に大きく響くから。連中はケガで動けなくならない限り、どの試合も『俺は絶対、出られる』と思っているしね。出られなかったら『なんだ、あの監督の野郎』ということになる。そして負ければ、チームの雰囲気も悪くなるってわけさ」

関連ニュース