記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】プロ野球開幕延期で“うれしい誤算” ヤクルト・奥川&ロッテ・佐々木ローテ入りあるか!?

 新型コロナウイルスの感染拡大が収まらず、開幕を決められないでいるプロ野球。選手や首脳陣、ファンのイライラは頂点に達成している。ところが球界OBたちからは、思わず耳を疑うようサプライズエールが送られている。

 「今年のように、一度キャンプをやって体を作り上げておげば大丈夫ですよ。開幕が決まれば、その日に合わせてもう一度、ベストコンディションに持っていくのは決して難しいことではない」

 百戦錬磨の球界OBたちからこんなお墨付きを与えられたら、選手、ファンはこれまでの憂鬱な思いを一掃するだろう。しかも、注目度の高いルーキーたちへのフォローアップまで口にする。

 「今年のビッグ3は大きな期待ができる。即戦力度ナンバー1と言われる広島のドラフト1位・森下(明大)。高校球界の話題を二分してプロ入りしたヤクルト1位・奥川(星稜高)、ロッテ1位・佐々木(大船渡高)。毎年、注目ルーキーはマスコミとファンの視線に疲れてしまうが、今年はコロナでファンもマスコミも密着禁止だ」

 さらなるプラスアルファ。森下には早々と佐々岡新監督がローテーション入りを言明していたが、球界OBは高校のスーパースターコンビに関しても、こう明言する。

 「度重なる開幕延期。ヤクルト、ロッテ首脳陣は奥川、佐々木に下手な配慮をすることなく、1軍で起用しやすくなっただろう」

 こう聞いてくると、球界OBたちのエールは説得力を持ってくる。選手や首脳陣、ファンも開幕を楽しみをできるのでないか。(江尻良文)

関連ニュース