記事詳細

阪神・藤浪らが謝罪会見 練習復帰も“四面楚歌”「どんな顔をして参加するのか」 (1/2ページ)

 3月14日に大阪市内で複数の男女が集う会食に参加し、新型コロナウイルスに感染した阪神・藤浪晋太郎投手(26)、伊藤隼太外野手(30)、長坂拳弥捕手(25)の3選手が23日、兵庫県西宮市の球団事務所で会見を開き「軽率だった」と謝罪した。矢野監督やナインにも頭を下げ、本人たちにとってはようやく復帰への一歩を踏み出した形だが、NPB1号の感染を出した影響はいまだに尾を引いており、状況は“四面楚歌”だ。(山戸英州)

 「振り返っても、当時そういう(チーム内で感染者が増える)認識はなかったですし(会食の参加は)非常に軽率だったと思います」

 7日退院し自宅待機していた藤浪は、初めて公の場に姿を見せ謝罪。「やはり自分の認識が甘くて、自分が(コロナウイルスに感染)なるなんて思わないで行動した」と続けた。

 藤浪が感染を疑ったのは先月下旬、嗅覚の異常を訴えたことだった。その後、26日に感染を調べるPCR検査を受けて陽性が判明。以降、コロナウイルス感染独特の症状として世間に知られたが、これには「結果としてそういうふうにつながったというのならいいですけど…」と神妙な表情は変わらなかった。

 コロナ禍のなか、球団は外出禁止令を出さず、あくまで個々の判断に委ねていたが、これがアダとなった。その結果、チームは約3週間にわたり完全にストップ、練習も満足にできない状況が続いた今回の場合、あくまで「防げた」感染だけにチーム関係者の怒りはいまだにすさまじい。

 チーム内からは「人がこれだけ亡くなっているし、下手すればわれわれも巻き込まれていたかもしれない。許されない行為だ」といった厳しい声が続出。また、自主練習再開初日(15日)に、チーム最年長の福留が「甚大なご迷惑をおかけした、申し訳なかった」と頭を下げたことにも「悪いのはドメさんじゃないでしょ」と冷ややかな視線が向けられている。

関連ニュース