記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】中西直人 アドレスとスイングプレーン、ラウンド前にチェック (1/2ページ)

 常にボールを真っすぐ、遠くへ飛ばすことができれば自然とスコアもアップします。では、ゴルファーにとって最大のテーマとなるこの2点を同時にやり遂げるためにはどうすればいいか?

 人によってそれぞれ違うポイントがあると思うのですが、僕の場合は、「アドレス」と「スイングプレーン」を重要ポイントと考え、普段の練習はもちろんラウンド前の練習でも、この2つがきちんとできているかどうかをチェックするようにしています。

 アドレスに関しては、ターゲットに対して身体がスクエアになっているかどうかをチェックします。

 僕たちプロゴルファーでもコースに出ると身体の向きが狂うことが時々あるのですが、アマチュアゴルファーの中で正しくスクエアに構えている人はそう多くはありません。身体の向きが原因でミスショットになることもあるのでしっかりチェックしておきましょう。

 もうひとつのスイングプレーンに関しては、後方から見たとき、アドレス~テークバック~トップ~ハーウェイバック~インパクトと、クラブの動きが一直線になっているのがベスト(写真(1)~(5))。実際にクラブを振ってみて、そのようになっているかどうかを確認します。

 普段の練習時にチェックするときは、動画や写真を使ってやるのもいいのですが、ラウンド前にチェックする際は、上半身を起こしてクラブを振りましょう。前傾を浅くすることによってスイングがフラット(横振り)になり、その分、スイングプレーンが確認しやすくなるからです。