記事詳細

「東京五輪」改め、オールジャパンで「日本五輪」 来年7月“完全”開催へウルトラC構想! (1/2ページ)

 国内外で新型コロナウイルスの猛威がとどまることを知らず、来年7月の開催が不安視されている東京五輪に「ウルトラC構想」が浮上。「開催都市・東京」の看板を外し、オールジャパンによる「日本五輪」構想だ。大会延期に伴う最重要課題のひとつ、会場の再確保が難しい競技については、誘致希望の自治体を全国から募ることが分かった。中でも「3密」の室内競技は無観客開催が検討されており、会場の選択肢は大きく広がってくる。

(編集委員・久保武司)

 コロナ禍でズタズタにされた東京五輪。安倍首相を筆頭に国主導で1年延期こそ決まったが、緊急事態宣言が全国に拡大した状態で、「東京で五輪? とんでもない」という声が今も圧倒的だ。

 それでも安倍首相の「完全な形で行う」という公約のもと、水面下で準備は粛々と進行中。まず手を着けねばならないのが、改めて確保が必要となった会場の問題だ。

 20日には東京ビッグサイト(東京都江東区)が、大会延期に伴う施設の貸し出し休止期間の変更を発表。これで予定通り、五輪・パラリンピック期間中は、世界の報道機関が集まるIBC(国際放送センター)やMPC(メインプレスセンター)として利用されることが事実上、決定した。

 ただ、すべての会場から同じように協力を得られるとは限らない。大会組織委員会の関係者は「会場確保ができない競技が出れば全国で募ることになる」と明かす。