記事詳細

2年延期で問われる「WBC」と「侍ジャパン」の意義 稲葉監督の続投問題、メジャーの超一流が不参加の現実 (1/3ページ)

 プロ野球の臨時オーナー会議が12日、オンラインで行われた。会議後の会見で議長を務める横浜DeNAの南場智子オーナー(58)は「減収のインパクトは大きい。プロ野球はかつてない危機的状況」と開幕延期や無観客試合による各球団の経営状況の悪化に強い懸念を示した。そんな中、来年3月に開催予定だった第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が2023年に延期されるとの米報道が飛び込んできた。“13番目の球団”と世界で唯一日本だけが常設した代表チームの存在意義が問われている。(片岡将)

 世界のスポーツが新型コロナウイルスとの戦いからの“出口戦略”を模索する中、侍は置き去りにされそうだ。

 この日、複数の米報道機関が、最短でも23年までのWBC延期を大リーグ機構(MLB)などの承認を経て正式決定される見込みと報道。スポーツ専門局ESPN(電子版)は関係者の談話として「(WBCは)現時点の優先事項ではない」と伝えた。

 オーナー会議でWBCの話題は出なかったというが、日本野球機構(NPB)の斉藤惇コミッショナー(80)は「見送りだという情報はいただいている。われわれとしては、やむを得ないだろうと思う」と受け入れの姿勢をみせた。

 各球団が経営的危機に陥り、12球団によるペナントレースという枠組みの存続が危ぶまれる現状では、国際大会どころではないというのも無理からぬ話ではある。

関連ニュース