記事詳細

【最先端アマチュアスイング】スローなスイングで飛距離アップ ダウンスイングでは体より先に手を動かす意識を (1/2ページ)

 手と体を同調させるためのポイントとして、(1)テークバックでクラブのみを先に動かさない、(2)バックスイングで腰をしっかり回す、(3)インパクトは通過点と考え、インパクトは意識しないという3点が大事であることをお伝えしました。

 同調スイングをさらに完璧なものにするためには、あと2つ大事なポイントがあります。

 ひとつは、「振り上げるときと振り下ろすときのスピードをそろえる」ことです。

 アマチュアゴルファーの中には、トップまでは理想に近いスイングをしているのに、ダウンスイングからフォロースルーでスイングが大きく崩れてしまう人がいます。

その原因は、“振り過ぎ”にあります。より遠くへ飛ばしたいという気持ちが強くなってクラブを強引に振りにいっていまい、その結果、同調が崩れてスイングそのものがバラバラになってしまうケースです。

 飛距離を伸ばすためには、大きなエネルギーを生むことも必要ですが、それ以上にバランス良くスイングすることが大事です。力一杯振ったからといって決して飛距離は伸びないのです。

関連ニュース