記事詳細

Jリーグより一足早く「toto」「BIG」 23日から販売再開

 Jリーグより一足早くサッカーくじ(愛称toto、BIG)の販売が23日から再開する。30日-6月1日に行われるドイツ1、2部リーグが対象試合となる。

 totoは日本のスポーツ振興の“命綱”となる助成金の源。2019年度の売り上げは約938億4000万円。2年連続で1000億円を割った。20年度の助成額も前年度比4割減の約166億7000万円となった。

 20年度の売り上げを基に算出される21年度の助成額は現状では「0円」。新型コロナウイルスの世界的流行で国内外のサッカーリーグが中断されたことで、くじの成立は3月上旬が最後。その後の販売は中止となっていた。

 totoの柱はJリーグの試合が対象のくじ。日本オリンピック委員会(JOC)副会長を兼務する日本サッカー協会の田嶋幸三会長(62)は「中断期間が長くなれば他のスポーツへの影響も大きい」と危惧している。Jリーグは今月29日をめどに再開を判断する予定。