記事詳細

【プロキャディーXのつぶやき】「アース・モンダミンカップ」開催へ望み 主催者が製薬会社なのだから感染対策は万全だ

 日本よりも一足先に韓国女子ツアーがトーナメントを実施した。無観客試合での開催ながら新型コロナウイルス感染対策には万全を喫したという。アポロ11号のアームストロング船長の名言をもじれば「大会開催は小さな一歩だが、プロトーナメント界にとっては偉大な飛躍」だ。

 国内男子ツアーは7月2日から開催予定だった日本プロゴルフ選手権が同週での開催を見送った。同女子ツアーでは7月上旬に開催予定だった「資生堂アネッサレディス」「サマンサタバサ&GMOインターネット ガールズコレクション・レディース」の中止決定を5月の時点ですでに発表している。

 しかし、6月25日から4日間、千葉県のカメリアヒルズCCで開催予定の「アース・モンダミンカップ」については、まだ開催中止のアナウンスがない。

 ♪もしかして、もしかして…だけど、強硬(?)開催するんじゃないの? 

 千葉県は5月14日の緊急事態宣言の解除県には該当しなかったものの、21日に解除される可能性はあるだろうし、もし解除延期でもモンダミンカップ開催週までは時間がある。感染者が減少傾向にあるのだから、そろそろ3密の少ないゴルフトーナメントは韓国女子ツアーを見習って開催の一歩を踏み出しましょうよ。

 知り合いの女子プロから聞いたのだが、モンダミンカップでは出場資格のない選手たちに出場権を与える予選会が開かれている。いわゆるマンデートーナメントだけれど、同大会は開催週の月曜日ではなく、開催週の1カ月前に例年実施されており、今年は5月25日。ペアリングはその2日前に発表されるのだという。となれば、23日までには予選会実施の有無が選手たちに伝えられるはず。たとえ「今回は諸事情により中止」となっても、それは予選会のことであって、本大会に関してではないと俺は願う。

 なにしろ大会主催者が製薬会社なのだから、消毒薬には事欠かないだろうし、クラブハウスを使わず、その周りに屋根だけのテントを建ててメディアルームや関係者ルームを作れば風通しがいい。3密だって避けられる。それに自社製品の蚊取り線香や虫よけを使えば、アピール効果も抜群だ。小さな一歩、されど偉大な飛躍となるトーナメント開催。それをゴルフファンは待ちわびている。