記事詳細

名手カーター、神戸製鋼を退団 名門復活に貢献

 ラグビー・トップリーグの神戸製鋼は22日、元ニュージーランド代表の世界的名手、SOダン・カーター(38)の退団を発表した。チーム加入1季目の2018-19年シーズンに15季ぶりのトップリーグ制覇と18大会ぶりの日本選手権優勝に導く活躍を見せ、リーグ最優秀選手に選ばれた。

 同国代表で史上初のW杯2連覇を果たし、国際統括団体ワールドラグビーの最優秀選手に3度輝いた。神鋼でも正確なキックと卓越した判断力、巧みなパスで名門復活に貢献。「新しいカルチャーをつくることができてうれしく思っている。とても良いチームへと進化しており、この先も明るい未来が待っている」などとコメントした。

 連覇を狙った今季、開幕から6連勝したチームを牽引したが、新型コロナウイルスの影響で中止となり、帰国していた。元同国代表SHのアンドリュー・エリス(36)も退団する。