記事詳細

【英語名言自己流翻訳術】ヤンキースの人気者、ジャッジの恋人は傲慢だった NYメディアが断罪

 My boyfriend is in the spotlight in New York media in general. And now here I am handcuffed in Arizona…Like,that is not good.

 「私のボーイフレンドはニューヨークでスポットライトを浴びる有名人よ。なのにアリゾナで手錠をかけられるなんて。ひどすぎる」

 ヤンキースの人気者、アーロン・ジャッジ外野手の恋人、サマンサ・ブラックシーエックさん(26)が今年2月、ヘッドライトをつけずにアリゾナ州を運転、スピード違反で捕まったと、5月22日になって米マスコミに暴露され、その時の警官とのやり取りがビデオで公開された。警察によれば、すぐに酩酊状態であることが分かったという。ニューヨークのメディアはこうした言動を「name dropping」だと形容。有名人と知り合いであるなどと言って、自分が重要人物なのだ、と相手に思わせる行為で、それにより彼女は逮捕を免れようとしたと断罪した。

 何も弁解せず、一晩、おとなしく警察に泊まっていれば、彼女がジャッジの恋人であることも知られずに済んだかもしれないし、こんなひどい弁解が公開されることも、なかったかもしれない。ジャッジのファンからは「もう別れては」との声があがっている。(阿部耕三)

関連ニュース