記事詳細

【清水秀彦 そういうことだろ~】再開後の過密日程が監督たちの悩みの種 週2試合のキツさはハンパじゃない (2/2ページ)

 --厳しい日程の対策として、交代枠は特例で2人増の5人になります

 「いつものシーズンなら監督は使える選手を15-18人、つくり上げなきゃいけない。交代枠が増えた分、今年は20人はほしいところだね。そのうち7割の選手には、フルシーズン働いてほしいと監督は計算する」

 --今季はどんな展開になるか計算が立たない

 「順位予想は今回ばかりはご勘弁願いたい。無理だよ(苦笑)。J2、J3への降格がないから、選手層の薄いクラブはシーズン途中にメンバーがガラリと替わって、“当たって砕けろ!! 大作戦”でくる。一筋縄ではいかないシーズンになるだろうけど、Jリーグの顔になるような、スーパーな活躍をする選手が出てきてほしいな。救世主って、ピンチのときに出てくるもんだろ?」

(元J1仙台監督・清水秀彦=聞き手・久保武司)

関連ニュース