記事詳細

【実況・小野塚康之 時代を超える名調子】消えたセンバツ出場校(10)「尽誠学園」「明徳義塾」「創成館」 (2/3ページ)

 【大会第10日・第2試合 明徳義塾 四国・高知 2年ぶり19回目】

 小野塚:新地智也、左のオーバーハンド、均整の取れた175センチ70キロ、テークバックは小さくスーッと上がり、リリースポイントに力を集中させて腕を前に振っています。力みなくシャープです。

 浜風:フォームの完成度が高く制球力は抜群、バックの好守を信頼して打たせて取るタイプですね。

 小野塚:キャッチャーからボールを受けてすぐ投球動作、プレート1塁寄りを踏んでノーワインドアップモーション、新地、第1球を投げました。沈んだ、打ちました。ショートゴロ、米崎薫暉、軽快なスッテップ、捕って1塁新澤颯真へ送球、アウト、1アウト! 次のバッターが左打席、新地、すぐにサイン決まって、第1球を投げました。スライダー、打ちました。引っかけた、ゴロ、セカンド今釘勝、低い姿勢、捕って、1塁へ送球、アウト、2アウト、いいリズムです、3人目、左打席、右足を上げて新地、第1球を投げました。低め125キロ、打ち上げた、サード合田涼真、ファウルグラウンド、捕りました、3アウト! 3球で3者凡退!

 浜風:120キロ台の速球はスピンが利いています。それと新地君は打者が振りやすい間合いに持ち込みます。…

 小野塚:1対0リードして9回裏の守り、1アウト満塁、新地、2安打の4番を左打席にむかえ様子をうかがいながら2ボール、内野は極端な前進守備。

 浜風:打順、守備隊形、新地君の制球力を考えるとスクイズもやりにくいし狙ってきますよ!

 小野塚:新地、第3球を投げました。落ちた、打ちました。ゴロ、新地の正面、キャッチャー鈴木大照へ、2アウト! 1塁へ転送、新澤捕って3アウト! ダブルプレー! 試合終了! 明徳義塾、新地を軸に守り勝ち!