記事詳細

巨人・坂本、大城コロナ陽性…防ぎきれない「サイレント・スプレッダー」 プロ野球、見切り開幕の危うい賭け (1/3ページ)

 巨人は3日、坂本勇人内野手(31)と大城卓三捕手(27)が新型コロナウイルスのPCR検査を受け、陽性反応が出たと発表した。球団によると2人とも症状はなく、感染から回復後かなりの時間がたっているとの見解を専門家から得たという。6月19日の開幕が再延期という最悪の事態は免れたが、日本野球機構(NPB)は開幕を前に防疫の重大な弱点を露呈した。Jリーグや海外のプロスポーツ団体が開催の前提とする検査体制と比べると、見切り発車の感は否めない。

 1軍の対外試合が約2カ月ぶりに一斉再開された翌朝、けたたましく鳴り響いたまさかのアラート。巨人が午後2時から東京ドームで練習試合を行う予定だった西武に対して、選手のコロナ陽性判明を理由に中止を申し入れたことから、球界は騒然となった。

 陽性判定を受けた坂本と大城は、前日の西武戦にも先発出場。試合後に都内の医療機関でPCR検査を受けたのは、事前に球団が実施した抗体検査で引っかかっていたからだった。

 巨人は都内の大学医学部の協力を得て、1-3軍の全選手、首脳陣、スタッフら総勢218人を対象に、5月29-31日に採血して抗体検査。選手とスタッフ計4人から、コロナ感染からの回復を示すIgG抗体が確認されたため、専門家の指導をもとにPCR検査を行った。うち2人は陰性で感染拡大のリスクはないと判断。陽性だった坂本と大城についても、体内のウイルスは微量で「感染から回復した後、かなりの時間がたっている」との専門家の見解を得たため、今後のPCR検査で陰性が確認でき次第、チームに再合流させる方針としている。

 巨人から報告を受けたNPBの井原敦事務局長は、6月19日の開幕には「このような内容なら影響はないと現時点では考えている」と明言。大事に至らなかったものの、改めて防疫体制の問題点が浮き彫りとなった。