記事詳細

女子ゴルフ“脱テレビ”でユーチューブ生配信! しぶこ密着チャンネルも!? 25日開幕のアース・モンダミンカップ

 3カ月半遅れの国内女子ゴルフツアー開幕戦、アース・モンダミンカップ(25-28日、千葉・カメリアヒルズCC)は、異例の4チャンネルでインターネット無料生配信されることになった。

 昨年まではテレビ朝日が中継してきたが、大会事務局は「コロナは関係なく、主催者の意向で、今年はネット放送する方向で進んでいた」と明かす。配信はユーチューブチャンネルで朝7時から夕方6時まで(決勝ラウンドの27、28日は午後5時まで)。4チャンネルは大会全体、注目の組、注目のホール、インタビューなどに振り分けられるという。

 これまでゴルフ中継といえば録画が多く、映される組は次々と変わり、その間にインタビューが挟まれるなど、落ち着きのない構成となっていただけに、ファンには朗報か。事務局は「こういう状況なので、特徴を出して、面白いことをやっていきたいとチャレンジしています」と意気込む。

 「特定の選手を追うことはない」とはいうものの、注目の組となれば当然、人気の渋野日向子(21)が映される時間が長くなりそうだ。

 女子ゴルフはここ数年、テレビ局との放映権問題で揉めている。日本女子プロゴルフ協会の小林浩美会長は3日の会見で、ネット中継の詳細に関して言葉を濁したが、この大会をテストケースと考えているようだ。

 4日には、米ツアーを主戦場とする世界ランキング4位の畑岡奈紗(21)の出場登録も明らかに。1月に2大会続けて2位に入る絶好の滑り出しも、コロナ禍の影響から国内で調整を強いられてきたが、5カ月ぶりの実戦となる。これでさらに盛り上がるのは確実だ。(塚沢健太郎)

関連ニュース